スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長官銃撃事件前後の詳細判明 「敵の仇は敵にやらせる」(産経新聞)

 警視庁が公表した捜査結果の内容からは、事件前後の教団幹部の慌ただしい動きが浮き彫りになった。

  [フォト]警察庁長官銃撃事件をめぐり、警視庁が公表した捜査結果の資料

■事件直前

 事件3日前の3月27日午前、EはDに電話し、Aに連絡する必要があると伝えた。この際EはDに対し「敵の仇は敵にやらせる」と発言。DはEにAのポケベル番号を教えた。

 さらに事件前日の夜、EはDに電話しAに連絡が取れないと伝えた。DがAに連絡すると、Aは興奮して「下見に引きずり回された」「警察官しかできないことがあるといわれた。できること、できないことがある。やりたくありません」と答えた。そのためDは深夜にEと接触。「Aさんは大丈夫ですか」と尋ねたという。

 警視庁で捜査をしたところ、午後9時台にDからEへの電話があったことを確認。さらに、30日午前0時台には、Fの供述からD、E、F、Gが東京・六本木の喫茶店で接触していた事実が裏付けられた。

■事件直後

 また事件直後の午前8時35分ごろにはAからDに電話で「長官が撃たれた」と連絡。だが、事件最初の報道は午前8時48分であることから、Aが報道前に知っていたことになるため警視庁は事件にかかわった可能性が高いと判断した。

 さらに、Bについては事件直後の午前9時40分ごろに報道機関に脅迫電話をかけた声と同一と推定。Cが事件翌日に作成したビラには脅迫電話の時間を「9時40分ころ」と正確に記載し、「弾がおかしい」と使用弾丸を把握していることをうかがわせる内容もあった。Hについては事件直後に自転車で走る男と容貌(ようぼう)が一致していた。

 こうしたことから、警視庁はEとその周辺信者とAにより構成されるグループを容疑グループとして特定した。だが、グループを構成する個人全員の特定や個人の果たした役割の特定には至らなかったと結論づけた。

               ◇◇◇

 警視庁では元信者についてA~Hまでの仮名で発表しているが、捜査関係者への取材で判明したA~Hは以下の通り。A(44)=元警視庁巡査長、B(42)=教団建設省所属、C(41)=同法皇官房幹部、D(40)=同諜報(ちょうほう)省幹部、E(60)=同建設省幹部、F(52)=同科学技術省幹部所属、G(43)=同自治省所属、H(54)=同防衛庁幹部

【関連記事】
警察庁長官銃撃事件が時効 実行犯特定できず捜査終結
「全員が浮足立っていた」重圧、混迷の初動捜査
捜査関係者ら15年前を振り返る…地下鉄サリン被害者の会が上映会
地下鉄サリン直前「捜査攪乱の情報あった」 国松元警察庁長官証言
時効間近 警察庁長官銃撃事件で浮かんだ「容疑者」の真贋

首相動静(3月21日)(時事通信)
自立支援法訴訟、和解成立=全国に先駆け12人-さいたま地裁(時事通信)
<B型肝炎訴訟>36人が追加提訴、原告419人に(毎日新聞)
雇用保険法改正案、衆院通過(時事通信)
拉致支援法改正案を可決=31日成立へ-参院委(時事通信)
スポンサーサイト

「日医の改革」で小松氏ら論客3人が講演(医療介護CBニュース)

 NPO法人医療制度研究会は3月22日、「日本医師会の改革」をテーマに講演会を開いた。医療法務弁護士グループ代表の井上清成弁護士、小松秀樹・虎の門病院泌尿器科部長、今村聡・日本医師会常任理事がそれぞれ講演した後、会場を交えた活発な質疑が行われた。

 講演会ではまず、同研究会理事長の中澤堅次・済生会宇都宮病院長が「今まで医師の代表として役割を果たしてきた日医が今後どうなるかは医師全体の関心事であり、キーポイントだと考えている」などとあいさつした。
 続いて井上氏が、「改革は所与なのか」と題して講演。日医改革の引き金は「政権交代」と「公益法人改革」だと指摘。長年の医療費抑制などによって立ち行かなくなった医療の現状に対する危機意識から、日医が自律的に変革しようとしているとの見方を示した。
 小松氏は「日本医師会改革の論点」として、▽組織の法的成り立ち▽役員の選任▽組織の性格▽各種処分の特性▽政治的主張の制限▽地方組織との関係▽人材―など11点を挙げ、「日本医師会」定款私案を紹介した。
 今村氏は2008年12月に施行された新たな公益法人制度について、「民による公益の増進」の理念は素晴らしいが、既存の公益法人の実態を十分に踏まえていない部分があり、現場に混乱を招いていると主張した。

 その後の質疑では、参加者から日医に対して情報発信、情報開示を求める声が上がったほか、日医の存在意義を明確にする必要性を指摘する意見も出た。


【関連記事】
日医会長選、立候補3氏が初の公開討論
「医師の団結に向けた具体的方策」を答申-日医委員会
日医代議員制のあり方で意見噴出
勤務医とともに戦い、日本の医療を変革する
日医を解体、医師の自律的処分制度を

兵庫知事と朝鮮学校に脅迫状…知事には薬きょうも(読売新聞)
無償化に理解、兵庫知事と朝鮮学校に脅迫状(読売新聞)
千葉県警元警部補に有罪=覚せい剤使用「信頼損なう」-東京地裁(時事通信)
「東北電力」名乗る不審電話 月平均120件(河北新報)
<北教組事件>小林議員処分へ 鳩山首相(毎日新聞)

警察手帳4冊を紛失=退職予定者から預かり保管中-兵庫県警(時事通信)

 兵庫県警川西署は21日、署内で保管中の退職予定者の警察手帳4冊を紛失したと発表した。保管場所を知っているのは数人しかおらず、同署は紛失前後の状況について確認を急いでいる。
 同署によると、警務課の巡査部長(39)が10日から15日にかけ、3月末で退職する署員4人から警察手帳を預かった。別の警務係員が19日午後、県警本部に返納するため同課のキャビネットを確認したところ、警察手帳が入った封筒が見当たらなかった。
 警察手帳の保管場所を知っているのは署内に数人しかおらず、巡査部長は「15日に4人目の警察手帳を預かり、4冊あるのは確認した。その後キャビネットに入れたと思うが、はっきり覚えていない」などと話しているという。
 楠田一英川西署長の話 警察手帳の適正、慎重な取り扱いを徹底し、再発防止を図りたい。 

【関連ニュース】
警察署駐車場、車内で自殺か=所有者男性、自宅に遺書
2病院で麻酔薬盗難=兵庫・尼崎
福祉事務所で窃盗被害=事務所窓から侵入か
現金など盗んだ男性尉官を免職=盗撮陸曹は停職
乾燥機使用でタオルのオイル発火か=5人死傷の高齢者施設火災

<強風>21日夕にかけて20メートル超す風も(毎日新聞)
<赤旗配布事件>元厚労課長補佐の控訴審結審(毎日新聞)
「勉強頑張りたい」=心臓移植成功の男児、帰国し会見-秋田(時事通信)
桂宮さまが入院(時事通信)
阿久根市長、一般質問を2日続けてボイコット(読売新聞)

狩野探幽の雲龍図と判明=京都・興正寺の掛け軸(時事通信)

 真宗興正派本山の興正寺(京都市)が保管する水墨画の雲龍図の掛け軸が、江戸前期の狩野派の絵師、狩野探幽の作品であることが確認されたと、同寺が19日発表した。
 雲龍図は縦約1.1メートル、横約2メートルで、1671年制作と推測される。探幽70歳の作とする記述があったが、今回、三井記念美術館学芸員の樋口一貴さんが同館所蔵の探幽の印鑑と同図の落款の印影を比較したところ、一致した。
 一方、探幽から同寺関係者にあてた書状が1986年に見つかったが、中風で手を痛めていることを説明した記述は、探幽が70歳前後に中風だった事実と一致。当時の作品であることの証明になるという。樋口さんは「画家と注文主の関係などがうかがえる資料」としている。 

橋下知事と平松市長に新たな火種…入学貸付制度(読売新聞)
「外国人学校と差設ける必要ない」 朝鮮学校無償化で兵庫知事が見解(産経新聞)
陸上走る鳥の祖先か=新種の化石発見-林原自然科学博物館(時事通信)
北教組事件で2人起訴=民主・小林氏陣営に選挙資金-規正法違反・札幌地検(時事通信)
<覚せい剤>使用容疑で大阪市職員を逮捕(毎日新聞)

将棋 久保棋王 羽生王将破り王将奪取 王将戦第6局 (毎日新聞)

 神奈川県秦野市の元湯陣屋で16日から行われた第59期王将戦七番勝負(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催)の第6局は17日午後6時43分、82手で挑戦者の久保利明棋王(34)が羽生善治王将(39)を破り、4勝2敗で奪取した。残り時間は羽生1分、久保10分。

【写真や棋譜など豊富に】羽生、6連覇ならず 王将戦中継ブログ

 久保の王将獲得は初めてで、棋王と合わせて2冠を制した。羽生は6連覇を果たせず、名人・王座・棋聖の3冠に後退した。

 久保は歴代13番目の王将となった。新王将の誕生は6年ぶりだ。【山村英樹】

 ◆久保新王将の略歴 兵庫県加古川市出身。淡路仁茂九段門下で93年にプロ入り(四段)。03年、八段。タイトル獲得は王将1、棋王1の計2期。通算成績は532勝299敗(勝率6割4分)。

【関連ニュース】
【第1局の棋譜】久保が緒戦を制して、初の王将位獲得に第一歩
【第2局の棋譜】羽生王将が1勝を返しタイとなった
【第3局の棋譜】久保棋王が2勝 
【第4局の棋譜】後手玉は詰まず、先手玉は受けなし 久保が3勝で「王手」
【第5局の棋譜】震える羽生の手を見た後、久保はすぐに投了した

<ランタン>龍馬とお龍のオブジェ(毎日新聞)
国分寺の殺人事件、男6人を逮捕監禁容疑で逮捕(読売新聞)
「神戸マラソン」実施へ=市民参加型市街地コース-来年冬にも、震災復興アピール(時事通信)
日医連 自民への献金凍結(産経新聞)
大阪市立斎場で職員の半数が「心付け」受領(産経新聞)

与党幹事長会談の定例化を 社国が申し入れ(産経新聞)

 社民党の重野安正幹事長と国民新党の自見庄三郎幹事長は15日午後、国会内で民主党の高嶋良充筆頭副幹事長と会談し、与党幹事長会談の定例化や与党間の政策協議の場の設置などを申し入れた。また、民主党が「子ども手当法案」や「高校授業料無償化法案」について、公明党との協議を優先させたことに対しても「順序が違う」(重野氏)と苦言を呈した。

【関連記事】
法人税は減税 消費税増税なら社会保障目的税に
安防懇が初会合 どこまで踏み込めるか 課題は山積
亀井氏「国民の相当数いかれてる…国民新を支持せず」
「いい人といい政治家は違う」“迷走”する鳩山首相を批判
菅氏、国民新にいら立ち 「紆余曲折あった」
20年後、日本はありますか?

【医薬最前線】第1部 ドラッグ・ラグの行方(4)“ワクチン後進国”脱却へ(産経新聞)
スカイマークを特別安全監査、国交省が厳格対応(読売新聞)
高校無償化、子ども手当の2法案、衆院通過へ(産経新聞)
“ミスター年金”事務所視察で指示連発(読売新聞)
相次ぐ不祥事、東京医大理事の大半が辞表(読売新聞)

「船長を逮捕するため侵入した」、SSのベスーン容疑者が供述(産経新聞)

 環境保護を標榜する米団体「シー・シェパード(SS)」メンバーによる調査捕鯨船「第2昭南丸」への違法侵入事件で、艦船侵入容疑で逮捕されたSSの抗議船「アディ・ギル号」の元船長、ピーター・ジェームス・ベスーン容疑者(44)=ニュージーランド国籍=が、侵入の目的について「(アディ・ギル号の)船員に対する殺人未遂と破壊容疑で、第2昭南丸の船長を逮捕するため」などと供述していることが15日、分かった。アディ・ギル号は1月6日、南極海で第2昭南丸と衝突した際に大破。侵入後にベスーン容疑者は第2昭南丸の船長に約3億円の損害賠償を請求する書簡を手渡していた。

 東京海上保安部によると、ベスーン容疑者は日本時間の2月15日、南極海で調査捕鯨活動中の第2昭南丸に別の抗議船から水上バイクで接近、防護用のネットをナイフで切り、違法に船内に立ち入った疑いが持たれている。ベスーン容疑者が逮捕時にナイフを所持しており押収されていたことも判明。海保は侵入の際にネットを切るのに使ったものかどうか調べている。

【関連記事】
「日本の法的プロセスに介入できない」NZ首相 シー・シェパード逮捕
ブログ市長を「専制君主」と痛烈批判 中田氏
業務妨害や傷害でも捜査 反捕鯨団体元船長を拘置
SS船長ベスーン容疑者を艦船侵入容疑で送検
SS逮捕で商業捕鯨再開? 注目されるIWC交渉
20年後、日本はありますか?

インフル、流行指標下回る―患者6週連続減で(医療介護CBニュース)
<訃報>渡辺謙輔さん84歳=元古河鉱業専務(毎日新聞)
普天間移設 「徳之島」検討指示 首相、県外を重視(産経新聞)
学校運営「校長より職員会議」8割 道内公立校、「法逸脱」状態 (産経新聞)
<縁切寺満徳寺資料館>外国メディア取材相次ぐ 願い事書き「縁切りトイレ」に短冊流す姿など(毎日新聞)

密約承知せず=麻生、安倍元首相(時事通信)

 自民党の麻生太郎前首相は9日、外務省の有識者委員会が日米の「密約」の存在を認める報告書をまとめたことについて、「『密約』は自分は承知していない」とした上で、「当時の国会、国民への説明ぶりは、わが国の安全保障を確保する観点に立った賢明な対応だった」とするコメントを発表した。麻生氏は首相在任中「密約はなかったとずっと答弁しているので、なかったということだ」と存在自体を明確に否定していた。
 同党の安倍晋三元首相も、都内で記者団に対し、「核密約についての申し渡しは前任者(小泉純一郎元首相)からなかった」と強調。一方で「当時は冷戦時代で、指導者が日本を守るために判断したと思う」と理解を示した上で、「秘密を暴露し、そういう判断をした人たちを非難するのではなく、今後の日本の安全に資する形で一助として考えていくべきだ」と述べた。 

朝鮮学校、無償化見送りを=「思想教育を実践」-市民団体(時事通信)
トランス事件 架空増資で元役員を逮捕(産経新聞)
<雑記帳>映画「みつばちハッチ」の製作発表 今夏公開(毎日新聞)
将棋史上2人目の1000敗、有吉九段(読売新聞)
雨の啓蟄、飛来する春…チョウ乱舞(読売新聞)

「腰に違和感、右手を回すと血が…」 加藤被告に刺された瞬間「記憶ない」(産経新聞)

【法廷ライブ 秋葉原17人殺傷 第4回公判】(7)

 《加藤智大(ともひろ)被告に腰を刺されて、下半身に障害が残った被害者のHさん。質問する検察官の様子は遮蔽(しゃへい)物でさえぎられ、見ることはできないが、Hさんははっきりとした声で質問に答えていく。その声は加藤被告も届いているはずだが、加藤被告は、Hさんが障害の状況などを細かく説明している間も、特に表情を変えることなく、弁護人の前の長いすに座り、机の上を見つめている》

  [フォト]前面がボコボコに…犯行に使われたトラック

 《検察官は、事件当時の状況を細かく聞き始めている》

 検察官「現場の交差点を横断した後、何がありましたか」

 証人「大きな音が後方でしました」

 検察官「どんな音でしたか」

 《当時の状況を思いだしながら、口ごもるHさん》

 証人「うーん…大きな石をたたきつけたような…そういうことはしたことはないんですが。石がコンクリートにたたきつけられたような」

 検察官「鈍い音?」

 証人「はい。ものすごい大きなごつい音です」

 《続いて法廷左右に配置された大型モニターに現場の交差点周辺の地図が映し出される。Hさんの前にも検察官から地図が示されたようだ。検察官は、現場の交差点のどこにHさんがいたのか、また加藤被告の乗ったトラックが、どこから来てどこで停車したのかについて図示を求めていく》

 検察官「(地図を)一目見て、場所が分かりますか」

 証人「はい」

 検察官「あなたが言った大きな音はどこで聞こえましたか。A1という感じで丸で囲んでください」

 証人「この辺です」

 検察官「中央通り沿いの現場の南側ですね? 後ろの方で音が聞こえて振り返ったんですね?」

 証人「はい。振り返って見ました」

 検察官「何を見ましたか」

 証人「トラックが横切るのを見ました」

 検察官「ほかには何を見ましたか」

 証人「人がトラックにぶつかり、たたきつけられるのと巻き込まれるのを見ました」

 検察官「それは別々の人ですか」

 証人「だと思います」

 検察官「何人見ましたか」

 証人「2人だと思います」

 検察官「トラックがはねた位置を書いてください」

 《Hさんはトラックの位置を図示しようとするが、トラックが動いていたためにどこの時点のトラックの位置を図示するのか悩んでいる様子だ。そのうち交差点の中心の左上に「トラック1」と書き込んだ》

 証人「右の方にソフマップの方に車が動いていきました」

 検察官「右から左ですか」

 証人「左から右ですね」

 検察官「倒れていた人の位置は書けますか」

 証人「トラック1の位置でぶつかりましたが、その後の位置は…」

 検察官「今おっしゃった様子を見てどう思いましたか」

 証人「普通の事故ではないなと思いました」

 検察官「どういうところからそう思ったのですか」

 証人「普通の信号無視ならブレーキを踏むと思いますが、踏んでいるようには見えなかったので。あと、前輪が浮いているように見えました」

 検察官「なぜ浮いていると思いましたか」

 証人「人を巻き込みながら宙に浮いているのかなと思いました」

 検察官「巻き込まれた人はどうなると思いましたか」

 証人「ただじゃすまないだろうな、と思いました」

 検察官「その後はどうしましたか」

 証人「トラックが左から右に抜けていくのを見て交差点に近づきました」

 検察官「トラックがどこに止まったのかは見ましたか」

 証人「マクドナルドの近くにトラックが止まったのを見ました」

 検察官「トラックが止まった位置を書いてください」

 《Hさんは地図上の神田明神通り沿いに、トラック2と図示した。ここで検察官の質問の内容は、現場の目撃者のHさんから、事件の被害者のHさんに移る》

 検察官「続いて被害にあったときのことをお聞きします。刃物で刺された記憶はありますか」

 証人「ないです」

 検察官「事件後に記憶がなくなったということですか」

 証人「いや、最初からないです」

 検察官「どんなことを覚えていますか」

 証人「倒れている人の所に向かう記憶と、怪しげな男の顔を見た記憶です」

 検察官「分かりました。怪しげな男はどの辺に?」

 証人「私の斜め後ろにいました」

 検察官「どのくらい(怪しげな男と)離れていましたか」 

 証人「多分1メートルくらいです」

 検察官「その男で覚えていることは何かありますか」

 証人「メガネをかけていました」

 検察官「正面から見ましたか」

 証人「横から見ました」

 検察官「その男が何かを持っていたのは見えましたか」

 《加藤被告がダガーナイフを持っていたのを覚えているのかを問う検察官》

 証人「見えないです」

 検察官「その後の記憶は?」

 証人「その男を見た後は…空を見ていました」

 検察官「あおむけに倒れていた?」

 証人「はい」

 検察官「そのとき何を思いましたか。何で空を見ているのかとか…」

 証人「はい。そう思いました」

 検察官「その後は、自力でうつぶせになろうと?」

 証人「空を見ていたときに、腰に違和感があり、右手を背に回すと血が付いていました」

 検察官「なぜ右手を背にやったんですか」

 証人「いや、何か違和感があって」

 検察官「それ(手に付いた血)を見てどう思いました」

 証人「瞬間的に刺されたんだなと。周りを見ても状況がつかめなかったです。下半身がピリピリして全然動かないと感じました。そのときは(けがの状態が)大変なことだとは思わなかったです」

 検察官「ほかに何か覚えていますか」

 証人「何人かが助けてくれたのを覚えています」

 検察官「助けてくれた人を覚えていますか」

 証人「何人かが助けてくれました。(現場近くの家電量販店)ソフマップの店員のメガネの方と、買ったばかりの白いTシャツを使ってくれと言ってくれた人と、後でテレビを見て分かったんですが、四国の病院関係者の救護に当たっていた人を覚えています」

 検察官「その人たちにはどう思いますか」

 証人「感謝というか、うれしく思っています」

 《事件現場では、加藤被告によって傷つけられた人を助けようと、多くの人が救護活動にあたっていたという。Hさんは、自分の命を救ってくれた人々がいたことを鮮明に覚えていた》

=(8)に続く

【関連記事】
(6)「脊髄切れて足の感覚ない」「痺れも残る」…赤裸々に語る被害者 秋葉原殺傷第4回公判ライブ
(5)「一生車いす」医師の言葉を信じられぬ被害者「本当かよ?」 秋葉原殺傷第4回公判ライブ
(4)「被害者の恐怖や痛みを味わい死んでほしい」涙声で極刑を求める証人 秋葉原殺傷第4回公判ライブ
(3)「死線をぎりぎりすり抜けた」震える声に法廷内は… 秋葉原殺傷第4回公判ライブ
(2)「ゲームの決着をつけたい…」友人を失った大学生 秋葉原殺傷第4回公判ライブ

北が日本世論軟化策 総連内部文書 マスコミ工作指令(産経新聞)
<しだれ梅>700本が歩道を包み 名古屋(毎日新聞)
無認可託児所で2時間放置、5か月女児窒息死(読売新聞)
<社民党>参院福岡で新人推薦(毎日新聞)
首つり偽装で自衛官殺害=容疑で妻ら5人逮捕-検視で「自殺」と誤認・宮城県警(時事通信)

バンクーバー五輪 話題の選手や競技「特需」は(毎日新聞)

 5個のメダルを獲得したバンクーバー冬季五輪。話題の選手や競技をめぐって起きている「五輪特需」とは……?【中山裕司】

 フィギュアスケート女子で銀メダルの浅田真央選手(19)の写真集「MAO」(徳間書店、1995円)は、3刷で5万3000部を超え、写真集としては異例のヒットだという。同書店担当者は「金メダルに値する銀メダル。19歳ながら人をひきつけてやまない真央ちゃんの人間の魅力が要因でしょう」と話した。

 音楽業界関係者が指標にするという通販サイト「アマゾン」のクラシック部門1位も記録したCD「SKATING MUSIC2010」。五輪で日本人選手5人が踊った曲に加え、外国人選手の曲も入る。高橋大輔選手(23)の銅メダル獲得直後から売り上げが伸び始め、浅田選手の銀メダル獲得後にさらに増え、1万枚に届く勢いだ。

 「カー娘」の呼び名も定着したカーリング女子代表。スキップ(主将)の目黒萌絵選手(25)が所属する「みちのく銀行」(青森市)が昨年9月から始めた「チーム青森応援定期預金」は、2月末時点で預金額約600億円になった。スーパー定期1年ものの店頭表示金利に0.05%がプラスされ、10万円につき5円が日本代表だった「チーム青森」の活動資金となる。本店がある青森県だけでなく、支店のある北海道、岩手県、秋田県などでも多くの預金が集まった。現在は約300万円を寄付する予定だ(昨年11月末までの約113万円は既に寄付)。

 同行は「もっと強くなるには海外遠征で強い対戦相手としのぎを削る必要があります。預金者もチーム強化を応援してくれていると思う」と話した。

 そのカーリングで、分かりやすくて熱のこもった解説と好評だったNHK解説者、小林宏さん(62)。公開競技だったアルベールビル五輪(92年)で全日本代表監督、長野五輪(98年)ではカーリング競技委員長を務めた。小林さんが運営する山梨県山中湖村のカーリング施設「Curlplex Fuji」には、前回トリノ五輪の2倍、通常の5倍の問い合わせがあった。初心者向けの体験コースは3月は満杯、4月も半分が予約で埋まった。小林さんの次女で施設スタッフの幸代さん(33)は「カーリングは1時間練習すれば、試合ができるレベルになる。実際に楽しんでほしい」と話した。

 五輪最終盤、肉眼では分からない0.02秒差で金メダルを逃し注目を浴びたスピードスケート女子団体追い抜き。富山市の地質調査会社「ダイチ」には銀メダルの田畑真紀選手(35)と穂積雅子選手(23)が所属する。従業員は39人。花束が舞い込むなどてんてこ舞いだと喜びつつも、女性従業員は「本来の仕事が増えるわけでもなく、どこかお仕事をくださるといいですね」。

【関連ニュース】
バンクーバー五輪:国挙げて支援を 文科相に橋本団長懇願
バンクーバー五輪:浅田が再戦を決意、田畑は会社に感謝
バンクーバー五輪:日本選手団帰国 温かな拍手に迎えられ
バンクーバー五輪:日本選手団が帰国の途
露大統領:五輪不振「幹部は辞任を」 解任も示唆

「病腎移植について理解してもらいたい」病腎移植で万波医師(産経新聞)
わいせつDVD製造グループ会長を逮捕 売り上げ23億円以上(産経新聞)
体罰で中2男子肋骨にひび=校長「打撲にして」-長崎(時事通信)
政労が4月上旬トップ会談で調整 雇用問題めぐり政策協議(産経新聞)
10日に政治姿勢で集中審議=参院予算委(時事通信)

予算案が衆院通過、年度内成立が確定(読売新聞)

 子ども手当など昨年衆院選の民主党政権公約(マニフェスト)の内容が盛り込まれた2010年度予算案が2日夕、衆院本会議で与党3党などの賛成多数で可決され、衆院を通過した。

 予算案は憲法の規定で、参院に送られてから30日経過すると自然成立するため、年度内成立が確定した。

 予算案の一般会計総額は、09年度当初予算比4・2%増の92兆2992億円。子ども手当や高校の授業料無償化などによって歳出が膨らみ、2年連続で過去最大を更新している。

<年賀はがきコンクール>受賞者決まる 応募2万3493点(毎日新聞)
<夕張市>財政再生案提出、17年間で赤字322億円解消(毎日新聞)
放火予備で灯油持ち歩きの男逮捕 周辺で不審火、関連調べる 東京・東村山(産経新聞)
チリが被害を抑えた理由は 建築に厳格な耐震基準 徹底した防災教育実施(産経新聞)
複数強盗殺人で初の求刑は無期 「同情の余地、遺族も求めてない」 裁判員 鳥取地裁(産経新聞)

脚本家の田向正健氏死去(時事通信)

 田向 正健氏(たむかい・せいけん=脚本家)5日午前2時23分、直腸がんのため神奈川県の病院で死去、73歳。東京都出身。葬儀は10日午前9時30分から東京都品川区西五反田5の32の20の桐ケ谷斎場で。喪主は妻章子(あきこ)さん。
 松竹の映画監督を経て脚本家に。NHK連続テレビ小説「雲のじゅうたん」(76年)で注目され、同「ロマンス」や大河ドラマ「武田信玄」「信長」「徳川慶喜」などNHKの人気作を数多く手掛けた。他の作品に「冬の旅」「夏に恋する女たち」(いずれもTBS)、「リラックス」(関西テレビ)、「ハチロー~母の詩、父の詩~」(NHK)。 

【関連ニュース】
朝ドラヒロインに瀧本美織さん=NHK
NHK朝ドラ、午前8時開始に
秋からの朝ドラは「てっぱん」=NHK
「歌の力」を全国に=「紅白歌合戦」の曲目決まる
朝ドラ、午前8時放送を検討=NHK

静寂の港「油断はできない」=宮城・石巻の漁港-チリ大地震(時事通信)
県独自課税、2審は「適法」=神奈川条例訴訟、いすゞが敗訴-東京高裁(時事通信)
弁護士の懲戒処分、最多76件…人数増要因?(読売新聞)
中央リニアのルート議論へ=交通政策審部会が初会合(時事通信)
<高校無償化>衆院文科委が朝鮮学校を視察(毎日新聞)

養殖の被害甚大 三陸 損失額算定急ぐ(河北新報)

 南米チリの大地震=マグニチュード(M)8.8=に伴い、東北の太平洋沿岸に押し寄せた津波から一夜明けた1日、宮城、岩手両県の三陸沿岸の各漁港では養殖施設の流出、損壊など深刻な漁業被害が次第に明らかになった。関係機関が確認を急いでおり、被害は今後さらに広がりそうだ。

 養殖施設の被害は、松島湾から宮古湾までの三陸一帯で確認された。
 宮城県漁協は「気仙沼湾と女川湾の被害が大きい」とみて、県とともに調査。岩手県は沿岸6市町などから情報収集を進めた。被害額の算定には約1週間かかるという。

 宮城県漁協石巻市東部支所によると、カキ養殖いかだは、流出やロープが団子状に絡まる被害で壊滅状態。損失は数億円に上る恐れがある。周辺の牡鹿半島の各浜でも大きな被害が出ている。

 岩手県内の大船渡漁協(大船渡市)と広田湾漁協(陸前高田市)でも、カキ、ホタテ、ワカメなど多くの養殖施設が損壊。両漁協だけで計7億円以上の被害が見込まれる。

 大量の養殖施設が漂流した塩釜、大船渡両港では2月28日から1日午後まで、海上保安庁が船舶の航行を禁止。塩釜港では航路のブイも被害を受けたため数日間、夜間の航行禁止措置を続ける。

 このほか東松島市と福島県新地町で、それぞれ小型漁船1隻が流され水没する被害もあった。

 気象庁は東北太平洋側に28日午前9時33分に出した大津波警報を同日午後7時すぎに津波警報に変更。1日午前1時すぎに津波注意報に変更し、同日午前10時15分、全面解除した。

 注意報の解除とともに青森、岩手、宮城の各県は警戒本部などを解散。福島を含む4県38市町村で約32万人に出された避難指示も解除され、避難所に身を寄せていた住民は無事に帰宅した。

 交通機関もほぼ正常化した。JR東日本によると、釜石、山田、八戸、大船渡の4線は線路点検のため始発列車4本を運休した後、通常ダイヤに戻った。


<高校無償化>衆院文科委が朝鮮学校を視察(毎日新聞)
小林議員の証人喚問要求=共産・穀田氏(時事通信)
縄文時代のクリ林確認 奈良・観音寺本馬遺跡(産経新聞)
<津波>太平洋側では交通マヒ 休日の観光施設にも影響(毎日新聞)
抵抗排除して改革を=民主の参院選過半数獲得で-小沢氏(時事通信)

<難民認定>申請者過去2番目の1388人 ミャンマー4割(毎日新聞)

 法務省入国管理局は26日、09年に日本政府に難民認定を申請した人は過去最多だった前年より211人減ったものの1388人に上ったと発表した。前年に続き過去2番目に多かった。国籍別ではミャンマーが568人で約4割。スリランカが234人で前年の倍以上に増えた。

 申請に対して難民と認定したのは30人。また、難民認定はしなかったが人道的な配慮で在留を特別に認めた人は501人で、難民認定者と合わせると531人となり過去最多だった。国籍別ではミャンマーが478人で約9割を占めた。

【関連ニュース】
名古屋地検:難民申請のルワンダ人、起訴猶予に
質問なるほドリ:難民の第三国定住って?=回答・花岡洋二
難民申請ルワンダ人拘置問題:男性を起訴猶予に--名古屋地検
第三国定住:「ニッポン」にためらい ミャンマー難民面接、米希望多く
難民申請ルワンダ人拘置問題:名古屋入管、男性を釈放

1月のPC出荷は4割増の84万台 「ウィンドウズ7」効果(産経新聞)
医療事故調、大綱案見直しも=「来年度に方向性」-足立厚労政務官(時事通信)
元選対幹部が控訴=小林千議員陣営の選挙違反-札幌(時事通信)
「都内で空き巣100件」窃盗で逮捕の男供述、被害総額650万円の犯行裏付け(産経新聞)
スキー

<年金業務監視委>「14年まで活動」で合意(毎日新聞)

 社会保険庁の後継組織の日本年金機構の業務をチェックする「総務省年金業務監視委員会」(座長・郷原信郎名城大教授)の初会合が23日開かれた。年金機構の中期目標に沿い、2014年3月までをめどに活動を続けることで合意。年金記録問題の解明とともに、業務全体を監視していくことで一致した。

 会合で原口一博総務相は「年金記録問題は旧政権では解決の道筋が立っていなかった。機構のガバナンスや消えた年金が回復に向かっているか審議してほしい」、郷原氏は「社保庁時代に傷ついた信頼の回復と(記録問題の)救済措置を両方やる。悪いところをただすが、サポートもする」とあいさつした。

 郷原氏は、厚生年金改ざん問題で前厚生労働相の調査チームメンバーを務め、「(社保庁職員個人というより)制度の不備が本質的問題」と指摘してきた。終了後の会見でも「現場の問題を検討する中で法制度の問題についても考えていきたい」と述べた。【野倉恵】

【関連ニュース】
天引き年金:未納扱い1万4千件訂正 着服や手続きミス
厚生年金:脱退手当金の算定期間漏れ19万人
社保庁:複数の元幹部「宙に浮いた年金」発覚前から認識
雇用:各党が政権公約に
企業年金

若田宇宙飛行士 ISS運用ブランチチーフに 日本人で初(毎日新聞)
ナゾの深海魚、日本海沿岸に続々漂着(読売新聞)
加齢に伴う歯周炎の進行、過剰な免疫反応が原因か(医療介護CBニュース)
高校生就職内定率74・8%、下落幅は過去最悪(読売新聞)
馥郁たる神の酒 大倉本家の酒造り(産経新聞)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。