スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<不正経理>公的研究費1650万円 愛知県がんセンター (毎日新聞)

 愛知県病院事業庁は29日、県がんセンターの中央病院と研究所の職員らが03~07年度に80回にわたり、国から交付された公的研究費1650万円分を不正に経理処理していたと発表した。OB10人を含む関与した24人が国に全額返納する。同庁は、不正総額が100万円を超えた2人を懲戒処分の対象とし、同日付で研究所長(62)を減給1カ月(10%)、中央病院の男性医師(54)を戒告とした。他の現役職員12人は訓戒などとし、二村雄次・病院事業庁長も管理責任を取って給与の10%を自主返納する。

 公的研究費は、国に提案のあった研究に対し、文部科学省と厚生労働省が交付する。同センターには毎年約3億円が交付されるが、08年11月に職員による研究費約1000万円の不正処理が発覚したため、03~07年度の研究費を調査するよう国から求められていた。

 病院事業庁が設けた第三者機関の調査で、▽年度末に残った研究費を使い切ったように架空計上する「預け」が18件765万6453円▽実際とは異なる物品を買ったように装う「差し替え」が44件759万3865円--などの不正が見つかった。同庁は、「公的研究費は研究者個人やグループに直接振り込まれ、チェック体制が未整備だった。私的流用はなく、研究課題に沿って使われた」と説明している。【丸山進】

化粧品「NYX」で措置命令=原産国を誤表示-消費者庁(時事通信)
<転落死>14階から3歳男児 東京・八王子(毎日新聞)
JFW 平成23年度以降の方針固まる (産経新聞)
骨格発表、首相は了解済み=亀井氏、閣内の批判に反論-郵政改革(時事通信)
国際競争力高め、医療ツーリズム推進を―観光庁研究会(医療介護CBニュース)

長官銃撃事件前後の詳細判明 「敵の仇は敵にやらせる」(産経新聞)

 警視庁が公表した捜査結果の内容からは、事件前後の教団幹部の慌ただしい動きが浮き彫りになった。

  [フォト]警察庁長官銃撃事件をめぐり、警視庁が公表した捜査結果の資料

■事件直前

 事件3日前の3月27日午前、EはDに電話し、Aに連絡する必要があると伝えた。この際EはDに対し「敵の仇は敵にやらせる」と発言。DはEにAのポケベル番号を教えた。

 さらに事件前日の夜、EはDに電話しAに連絡が取れないと伝えた。DがAに連絡すると、Aは興奮して「下見に引きずり回された」「警察官しかできないことがあるといわれた。できること、できないことがある。やりたくありません」と答えた。そのためDは深夜にEと接触。「Aさんは大丈夫ですか」と尋ねたという。

 警視庁で捜査をしたところ、午後9時台にDからEへの電話があったことを確認。さらに、30日午前0時台には、Fの供述からD、E、F、Gが東京・六本木の喫茶店で接触していた事実が裏付けられた。

■事件直後

 また事件直後の午前8時35分ごろにはAからDに電話で「長官が撃たれた」と連絡。だが、事件最初の報道は午前8時48分であることから、Aが報道前に知っていたことになるため警視庁は事件にかかわった可能性が高いと判断した。

 さらに、Bについては事件直後の午前9時40分ごろに報道機関に脅迫電話をかけた声と同一と推定。Cが事件翌日に作成したビラには脅迫電話の時間を「9時40分ころ」と正確に記載し、「弾がおかしい」と使用弾丸を把握していることをうかがわせる内容もあった。Hについては事件直後に自転車で走る男と容貌(ようぼう)が一致していた。

 こうしたことから、警視庁はEとその周辺信者とAにより構成されるグループを容疑グループとして特定した。だが、グループを構成する個人全員の特定や個人の果たした役割の特定には至らなかったと結論づけた。

               ◇◇◇

 警視庁では元信者についてA~Hまでの仮名で発表しているが、捜査関係者への取材で判明したA~Hは以下の通り。A(44)=元警視庁巡査長、B(42)=教団建設省所属、C(41)=同法皇官房幹部、D(40)=同諜報(ちょうほう)省幹部、E(60)=同建設省幹部、F(52)=同科学技術省幹部所属、G(43)=同自治省所属、H(54)=同防衛庁幹部

【関連記事】
警察庁長官銃撃事件が時効 実行犯特定できず捜査終結
「全員が浮足立っていた」重圧、混迷の初動捜査
捜査関係者ら15年前を振り返る…地下鉄サリン被害者の会が上映会
地下鉄サリン直前「捜査攪乱の情報あった」 国松元警察庁長官証言
時効間近 警察庁長官銃撃事件で浮かんだ「容疑者」の真贋

首相動静(3月21日)(時事通信)
自立支援法訴訟、和解成立=全国に先駆け12人-さいたま地裁(時事通信)
<B型肝炎訴訟>36人が追加提訴、原告419人に(毎日新聞)
雇用保険法改正案、衆院通過(時事通信)
拉致支援法改正案を可決=31日成立へ-参院委(時事通信)

「日医の改革」で小松氏ら論客3人が講演(医療介護CBニュース)

 NPO法人医療制度研究会は3月22日、「日本医師会の改革」をテーマに講演会を開いた。医療法務弁護士グループ代表の井上清成弁護士、小松秀樹・虎の門病院泌尿器科部長、今村聡・日本医師会常任理事がそれぞれ講演した後、会場を交えた活発な質疑が行われた。

 講演会ではまず、同研究会理事長の中澤堅次・済生会宇都宮病院長が「今まで医師の代表として役割を果たしてきた日医が今後どうなるかは医師全体の関心事であり、キーポイントだと考えている」などとあいさつした。
 続いて井上氏が、「改革は所与なのか」と題して講演。日医改革の引き金は「政権交代」と「公益法人改革」だと指摘。長年の医療費抑制などによって立ち行かなくなった医療の現状に対する危機意識から、日医が自律的に変革しようとしているとの見方を示した。
 小松氏は「日本医師会改革の論点」として、▽組織の法的成り立ち▽役員の選任▽組織の性格▽各種処分の特性▽政治的主張の制限▽地方組織との関係▽人材―など11点を挙げ、「日本医師会」定款私案を紹介した。
 今村氏は2008年12月に施行された新たな公益法人制度について、「民による公益の増進」の理念は素晴らしいが、既存の公益法人の実態を十分に踏まえていない部分があり、現場に混乱を招いていると主張した。

 その後の質疑では、参加者から日医に対して情報発信、情報開示を求める声が上がったほか、日医の存在意義を明確にする必要性を指摘する意見も出た。


【関連記事】
日医会長選、立候補3氏が初の公開討論
「医師の団結に向けた具体的方策」を答申-日医委員会
日医代議員制のあり方で意見噴出
勤務医とともに戦い、日本の医療を変革する
日医を解体、医師の自律的処分制度を

兵庫知事と朝鮮学校に脅迫状…知事には薬きょうも(読売新聞)
無償化に理解、兵庫知事と朝鮮学校に脅迫状(読売新聞)
千葉県警元警部補に有罪=覚せい剤使用「信頼損なう」-東京地裁(時事通信)
「東北電力」名乗る不審電話 月平均120件(河北新報)
<北教組事件>小林議員処分へ 鳩山首相(毎日新聞)

警察手帳4冊を紛失=退職予定者から預かり保管中-兵庫県警(時事通信)

 兵庫県警川西署は21日、署内で保管中の退職予定者の警察手帳4冊を紛失したと発表した。保管場所を知っているのは数人しかおらず、同署は紛失前後の状況について確認を急いでいる。
 同署によると、警務課の巡査部長(39)が10日から15日にかけ、3月末で退職する署員4人から警察手帳を預かった。別の警務係員が19日午後、県警本部に返納するため同課のキャビネットを確認したところ、警察手帳が入った封筒が見当たらなかった。
 警察手帳の保管場所を知っているのは署内に数人しかおらず、巡査部長は「15日に4人目の警察手帳を預かり、4冊あるのは確認した。その後キャビネットに入れたと思うが、はっきり覚えていない」などと話しているという。
 楠田一英川西署長の話 警察手帳の適正、慎重な取り扱いを徹底し、再発防止を図りたい。 

【関連ニュース】
警察署駐車場、車内で自殺か=所有者男性、自宅に遺書
2病院で麻酔薬盗難=兵庫・尼崎
福祉事務所で窃盗被害=事務所窓から侵入か
現金など盗んだ男性尉官を免職=盗撮陸曹は停職
乾燥機使用でタオルのオイル発火か=5人死傷の高齢者施設火災

<強風>21日夕にかけて20メートル超す風も(毎日新聞)
<赤旗配布事件>元厚労課長補佐の控訴審結審(毎日新聞)
「勉強頑張りたい」=心臓移植成功の男児、帰国し会見-秋田(時事通信)
桂宮さまが入院(時事通信)
阿久根市長、一般質問を2日続けてボイコット(読売新聞)

狩野探幽の雲龍図と判明=京都・興正寺の掛け軸(時事通信)

 真宗興正派本山の興正寺(京都市)が保管する水墨画の雲龍図の掛け軸が、江戸前期の狩野派の絵師、狩野探幽の作品であることが確認されたと、同寺が19日発表した。
 雲龍図は縦約1.1メートル、横約2メートルで、1671年制作と推測される。探幽70歳の作とする記述があったが、今回、三井記念美術館学芸員の樋口一貴さんが同館所蔵の探幽の印鑑と同図の落款の印影を比較したところ、一致した。
 一方、探幽から同寺関係者にあてた書状が1986年に見つかったが、中風で手を痛めていることを説明した記述は、探幽が70歳前後に中風だった事実と一致。当時の作品であることの証明になるという。樋口さんは「画家と注文主の関係などがうかがえる資料」としている。 

橋下知事と平松市長に新たな火種…入学貸付制度(読売新聞)
「外国人学校と差設ける必要ない」 朝鮮学校無償化で兵庫知事が見解(産経新聞)
陸上走る鳥の祖先か=新種の化石発見-林原自然科学博物館(時事通信)
北教組事件で2人起訴=民主・小林氏陣営に選挙資金-規正法違反・札幌地検(時事通信)
<覚せい剤>使用容疑で大阪市職員を逮捕(毎日新聞)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。